家族が増えたり、ライフスタイルに変化があったりと、思い当たる点がなく、
今までと同様の生活を送っていたにも関らず、水道料金が急に高額になった場合、水漏れの可能性があります。
水漏れ箇所や原因がわからない場合は、漏水調査が必要ですが、専門業者に依頼する前にもご自身でできる簡単なチェック方法をご紹介いたします。

■水漏れを疑ったら、まずは水道メーターをチェック

水漏れをの疑いがある場合は、まずは家中の水を止めてから水道メーターを確認してみましょう。

○水道メーターの設置場所
・戸建住宅の場合
多くの場合、水道メーターは玄関近くや駐車場などの屋外の地中に埋没されており、青や黒の鋳鉄製の蓋の中に水道の元栓と並んで設置されています。

・集合住宅の場合
戸数の多い集合住宅や高層マンションなどでは、玄関のすぐ横にパイプのシャフトがあり、その扉の中に電気・ガスのメーターや配管と一緒に設置されています。

○水道メーターの読み方
それでは水道メーターのどこを見れば「水道で水漏れしているかどうか」がわかるのでしょう?
・数字列
数字は水量を示しています。
アナログ式の場合、一般的にメーター上部の数字が千リットル単位で表記された使用水量です。
円形のメモリに針で指し示している数字は、10リットル単位・1リットル単位などの使用水量です。

・パイロット
水道を使用すると、アナログ式の場合は左下にある円盤状のパイロットが回転します。
デジタル式の場合は、液晶画面内右下の■がパイロットマークで、水道を使用すると点滅します。
水を出していいないのにパイロットが動いている場合、メーターから蛇口の間のどこかで漏水している可能性があります。

■原因はどこ?
家庭内には、水漏れが起きていても気づきにくい場所がいくつかあります。
原因がわからずパイロットが動いている場合は下記をチェックしてみましょう。

○浴室
普段から濡れていることが多い浴室では、水漏れしていても長期間にわたり気づかないケースがあります。
蛇口やシャワーヘッドからポタポタと垂れていたり、蛇口とホースの壁との接続からじわじわと漏れている可能性があります。

○キッチン・洗面台
蛇口の先端や水栓の根元などは、内部のパッキンの経年劣化により水漏れしやすい箇所。
しかし微量の水が漏れ続けても、普段からシンクや洗面ボウルが濡れている場合は気づきにくいものです。
また水道下のキャビネット部分に設置されているブレードホースも水漏れを起こすことがあります。
ホースを無理に曲げる・キャビネット内に物を詰め込みすぎるなどの理由で、ホースが傷つき水漏れしてしまう場合もあります。

○屋外の水栓
日常生活の中では目が届きにくい場所にある水栓がある場合、長期間にわたり水漏れに気づかないケースもあります。
散水栓や水栓柱の周囲の土がいつも濡れているなんてことはありませんか?
冬場は屋外の配管が凍結により破損している可能性もあります。

○給湯器
屋外の目立たない場所に設置されていることが多い給湯器も、水漏れしていてもなかなか気づきません。
経年劣化や凍結により水漏れすることがありますので、長年使用している給湯器や厳しい寒さが続いた時には、水漏れが起きていないか注意する必要があります。

○異音がする場所
どこかで水漏れが起きていると、給水管から「シュー」と音が鳴っている場合があります。
家中の水道を確認して原因がわからない時は、壁の中や床下から異音がないかチェックしてみましょう。

■プロの水道修理業者にご依頼ください
自分でチャレンジしたみたけど、途中でよくわからなくなってしまった。
少しでもこんな風に思った場合は、絶対に無理して自分で直さないでください!

少し締め直すだけで直った水漏れも、もしかしたら悪化して蛇口や水栓の取り換えなど、大きな出費になりかねません。
そんな時は迷わず近藤設備にお電話ください。
どんな事態にも“即対応”が当社のモットーですので、お困りの際はいつでもご連絡ください。

お問い合わせはこちらから ≫

LINEで送る